日本建築の美×粋なモダンスタイル
四つの客室棟は、江戸、明治、昭和、平成の日本の時代を表現した、個性ある趣き。

木の薫る和室リビング、和模様から灯りの溢れる寝室、広がり豊かなテラススペース。


                      

柴夕 SHIYU

「憩い」と「安らぎ」のスペースを両翼にもつ離れは、平成〜未来のクールな和モダンをイメージ。155平米の広さをもつ、特別客室です。

                      

桃花 TOUKA

昭和の時代を懐かしむような平屋造りの邸宅。正面には水盤が広がり、まるで水辺に浮かんだ別荘にいるような錯覚をおぼえます。自然に抱かれたガラス張りのラウンジで、お酒や読書、大人の語らい時間をお過ごし下さい。

                      

朝葱 ASAGI

玄関から奥まで、一直線に長く伸びた通路、露天風呂へと続く二階の渡り廊下が、江戸の町屋文化をイメージさせる離れ。和室リビングから繋がる広縁の外には、美しい借景が広がり、和紙を透過する行燈の灯が、心休まる空間を演出しています。

                      

翠嶺 SUIREI

明治〜大正の時代を映した現代レトロな建屋です。客室を通り抜ける水路には橋がかけられ、ワイドテラスにはさらに東屋が連なります。温泉には二つの露天風呂があり、良質な温泉を心ゆくまでお楽しみいただけます。。

      紫葉のExperienceプランはこちらをご覧ください。